意外と知られていない骨董の定義

骨董というのは日本独特の呼び方で、古い美術品などを指す言葉でもありますが、別に古いだけで役に立たなくなったもの、という意味もありますので、その定義は曖昧に思えます。しかし、我が国における骨董には、諸外国におけるアンティークの意味を含んでいる場合が一般的でありますので、そのアンティークが定義なされているところから見れば分かりやすいのではないでしょうか。

アンティークは1934年にアメリカで、製造された時点から100年を経過した、美術品、工芸品などを指すというのが唯一のものとされています。したがって、欧米諸国もそれに倣っています。もう少し新しいものをビンテージと言いますので、日本の骨董市場の場合は、アンティークだけではなくビンテージも含まれる場合もありましょう。骨董は美術品、工芸品として価値のあるものかどうか、というところが主眼になりますので、定価は存在しませんが、ある程度の相場は存在いたします。

したがって、一つの物について価格に大きな差はそれほど生じませんが、気をつけなければならないことは、著名な作家の模倣や贋作などもありますので確かな目利きが必要となりますので売買の際は信頼できる鑑定眼をもつ鑑定士の評価に委ねることも大切と申せましょう。